タチアワユキセンダングサ

【科名】
キク科
【和名・別名】
立泡雪栴檀草/別名シロノセンダングサ、オオバナノセンダングサ
【撮影日時】
2015年10月8日(木)/14時12〜30分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町野間阿保県道588号線沿い
【名前の由来】
***

タチアワユキセンダングサの原産地は、北アメリカとされ、世界中に分布しています。コセンダングサの変種とされ、シロノセンダングサによく似ています。

種子島の道沿いで、急速に増殖している草花です。特に中種子町では国道58号線、県道588号線、町道などいたるところで繁殖しています。

頭花、は、直径約3センチ。花期の長いのが特徴で、真冬でも花を咲かせ、一年を通じて開花しています。

タチアワユキセンダングサの花期は、通常、3〜11月です。種子島は暖地なので、越年することもあります。道沿いでは大群生します。

タチアワユキセンダングサの花びら

タチアワユキセンダングサの純白の花びらです。まともに花びらをすべてつけていることはなく、ほとんどが欠けています。

タチアワユキセンダングサの花の蜜を吸うハチ

道沿いで圧倒されるほど群生しています。その花びらに昆虫類が寄ってきます。ミツバチやハチ、蝶などです。ハチは、長いくちばしを使っています。

タチアワユキセンダングサ
タチアワユキセンダングサの花とトゲ

開花が終わると、次第に先のとがったトゲができます。近寄ると、この刺しが衣服に着いたりします。厄介な野草です。

放射状に延びたタチアワユキセンダングサ

舗装の隙間から伸びたタチアワユキセンダングサです。写真から分かるように、放射状に延びています。

2013.12.21〜