1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 3月の草花>
  4. シロバナタンポポ

草花・植物の諸データ

【 科・属名 】
キク科タンポポ属の多年草
【 和名・別名・学名 】
白花蒲公英、Taraxacum albidum
【 撮影日時 】
2017年(平成29年)3月3日(金)/11時27分〜11時36分
【 撮影場所 】
鹿児島県西之表市現和田之脇台地道沿い
【名前の由来】
花の色が白いため付けられています。

生態状況

タンポポは春を代表する草花です。一般的には黄色の花が多いのですが、白いものもあります。
一般的に西日本で多いといわれています。種子島でもたくさん咲いています。
田んぼや畑の土手付近でよく見かけます。花びらも枚数が多く、それぞれが独立しています。程良い間隔で咲いており、大変きれいです。

  • シロバナタンポポ
    開花時期は、通常、4〜5月とされています。種子島は暖地なので、これより早めに開花しています。高さは、25〜48センチです。
  • シロバナタンポポ花
    花の直径は、3〜5センチです。中心付近は、黄色く染まっています。
  • シロバナタンポポ綿状
    すでに綿状になっています。通常、わたぼうしといわれています。
  • シロバナタンポポ総苞
    写真は、総苞です。高さは3.2センチ、直径は、1.8〜2センチです。花径は、高いもので48センチ、直径は5〜8ミリです。
  • シロバナタンポポ
    写真のものは、日当たりのよい畑の土手付近のものです。どこでも咲いているということはなく、少し固い場所で見かけます。

2022年(令和4年)3月17日(木)、中種子町増田郡原の道沿いで取材したシロバナタンポポの開花風景を紹介しています。
なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。
シロバナタンポポ 初春のころ花茎の先に白色の頭花を1個つけた開花風景〜種子島の植物

2021年(令和3年)2月4日(木)、西之表市現和武部浅川城線道沿いで取材した冬のころ花茎の先端に白い頭花を1個つけたキク科タンポポ属の多年草シロバナタンポポの開花風景を紹介しています。
なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。
シロバナタンポポ 冬のころ花茎の先端に白い頭花を1個付けた開花風景〜種子島の自然

2013.12.21〜