1. ふるさと種子島>
  2. 西之表市の旅行・観光情報>
  3. 2018年第33回〜ハーモニカと楽しい唄の集い〜

バスクラリネット奏者を迎えての演奏会

平成30年11月18日(日)、西之表市商店街街角インフォメーションセンターにて、音楽愛好家を対象にした2018年第33回〜ハーモニカと楽しい唄の集い〜の演奏会が行われました。

野首にお住いのハーモニカ演奏者である福元節雄さんが中心となり、「野首さわやかクラブ」が定期的にコーラスを行っているものです。

そのハーモニカと唄の演奏会の模様を写真と動画で掲載しています。

街角インフォメーションセンター

今月は、街角インフォメーションセンターで行われました。初めての方も参加しており、自己首魁をしました。また、今回は、バスクラリネット奏者の早野さんが参加してくれました。

「紅葉」のコーラス

第1曲目は、「紅葉」です。今の時期にぴったりの童謡です。輪唱で唄われることが多いです。高野辰之作詞、岡野貞一作曲の唱歌です。1911年(明治44年)『尋常小学唱歌(二)』にて発表されています。

「七つの子」のコーラス

第2曲目は、「七つの子」です。野口雨情が作詞、本居長世が作曲した歌です。 大正10 年(1921年)、児童文学雑誌『金の船』の7月号に発表されています。

「荒城の月」のコーラス

第3曲目は、「荒城の月」です。土井晩翠作詞、瀧 廉太郎(滝 廉太郎)作曲による日本 の歌曲。七五調の歌詞(今様形式)と西洋音楽のメロディが融合した名曲で世界的に知られているものです。また、福元さんの最も得意な演奏のひとつでもあります。

種子島民謡「こっちこい」のコーラス

第4曲目は、種子島民謡「こっちこい」です。この子守娘は、種子島に奉公に来て、西の方角に居る母親を恋しく思い歌っている情景がうかがえます。

カシミヤ号遭難の歌

今回のゲスト立山の小倉さんです。カシミヤ号遭難の歌全編を歌ってくれました。カシミヤ号については、西之表市のふるさと情報で、「立山」をご覧ください。

小M至徳さんの独唱「私のふるさと」

小M至徳さんの独唱「私のふるさと」です。種子島の情景を歌ったものです。作詞:松元義男、作曲:猪俣睦彦です。
こっちこい 私のふるさと ハーモニカと楽しい唄の集い2018年11月

種子島廻り唱歌(元歌は鉄道唱歌)

第二部での種子島廻り唱歌(元歌は鉄道唱歌)です。42番まであるそうです。

「浜辺の歌」のコーラス

特別演奏「浜辺の歌」です。ハーモニカ、パーカッション、バスクラリネットの伴奏でのコーラスです。唄と響も素敵でした。
浜辺の歌 里の秋 ハーモニカと楽しい唄の集い2018年11月

※ 2018年11月18日(日)、西之表市西町商店街街角インフォメーションセンターで行われた野首さわやかクラブ及び音楽愛好家によるハーモニカと楽しい唄の集いで、紅葉、七つの子のコーラスを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

紅葉 七つの子 ハーモニカと楽しい唄の集い2018年11月

※ 2018年11月18日(日)、西之表市西町商店街街角インフォメーションセンターで行われた野首さわやかクラブ及び音楽愛好家によるハーモニカと楽しい唄の集いで、あざみの歌、荒城の月のコーラスを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

荒城の月 あざみの歌 ハーモニカと楽しい唄の集い2018年11月

【撮影場所】
鹿児島県西之表市西町商店街街角インフォメーションセンター
【撮影日時】
2018年11月18日(日)/14時04分〜16時21分
2018.11.19〜