1. ふるさと種子島>
  2. 西之表市の旅行・観光情報>
  3. 現和小学校6年生ロープジャンプにチャレンジ!!

子供達が精一杯ロープジャンプにチャレンジ!

現和小学校

現和小学校

西之表市立現和小学校では、平成26年2月11日福岡でのロープジャンプ九州大会に出場するため6年生の児童が昼休み、放課後に練習を行っています。種子島の小学校で唯一の大会出場です。

ロープジャンプとは、跳ぶ人数は10人以上必要で、ロープの回し役が2人、入れ替わり役が1人の合計13名以上です。使用するロープは、専用のロープで公式のものです。長さ10メートル、重さ1.5キロのものです。

決勝に残るためには、4000ポイントは欠かせないといわれています。現在の実力は、40000ポイントに近づいているので、決勝に残る力は身に付けています。ぜひ、チーム一丸となり、決勝を目指して、頑張ってほしいですね。

写真1枚目は、西之表市現和下之町にある小学校です。南側にグランド、南西側に体育館があります。写真は、南側の正門から写したものです。

写真2枚目は、校舎の玄関付近を南東側から写したものです。現和小学校は、明治11年に創立されており、135年を迎えています。

校舎玄関

校舎玄関

スタート前の状態

スタート前の状態

写真3枚目は、スタート前の状態です。ロープジャンプの練習は、昼休みと放課後に体育館で行っています。競技時間は3分間です。

ポイントの計算は、跳んだ人数×跳んだ回数=基本ポイントです。さらに、入れ替わり要員が最後尾から入り、最前列からロープを抜け出すと1回と数え、入れ替わり回数×10点=入れ替わりポイントとなり、これに基本ポイントを足したものが合計ポイントとなるわけです。なお、競技時間は3分間で、2回までです。10点=入れ替わりポイントとなり、これに基本ポイントを足したものが合計ポイントとなるわけです。なお、競技時間は3分間で、2回までです。

写真4枚目は、教具が始まると、ものすごい回転でのなわとびです。1分間に100回転の高速でジャンプするのです。互いに声を掛け合いながらのジャンプです。

ジャンプ

ジャンプ

仲間と仲良く!

仲間と仲良く!

写真5枚目は、とにかく、チーム全体のムードが大事です。仲良く息を統合しなければいい結果は残せません。互いに肩に手を掛け合い、明るい雰囲気を作るのです。指導に当たっている先生から雰囲気にのまれないようにと声がかかります。

決勝目指して頑張るぞ!

決勝目指して頑張るぞ!

写真6枚目は、失敗すると、自然に悔し涙が出てきます。その悔しさがこれからの上達へとつながります。大会に向けて、懸命に頑張っている6年生の子供たちです。決勝目指して、頑張れ!!

ロープジャンプ大会の出場は、二年前に経験しており、今回二回目となります。昨年4月から練習を始め、6年生担任の外西先生、園田校長先生は子供たちの活躍に期待を込めています。現和小の6年生の子供たち、悔いを残さないように楽しみながら頑張ってくださいね。

なお、ロープジャンプの詳しいことは、西之表市立現和小学校(0997-25-0003)へお問い合わせてください。

※ 2014年1月29日(水)、西之表市立現和小学校体育館で、ロープジャンプの練習風景を撮影したものです。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の学校:現和小学校6年生ロープジャンプにチャレンジ!猛練習中!!

【撮影場所】
鹿児島県西之表市立現和小学校
【撮影日時】
2014年1月29日(水)/12時09分〜13時50分
2014.2.6〜