しらさぎ踊り

しらさぎの普段の情景を踊ったもの

しらさぎ踊り
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町島間向方神社
【撮影日時】
2017年10月28日(土)/12時56分〜13時01分(動画)
2015年10月18日(日)/12時57分〜13時02分(写真)
【奉納場所】
南種子町岬八幡神社、向方神社
【奉納時期】
隔年11月15日(岬八幡神社)、10月中旬(向方神社)
【アクセス方法】
南種子市街地から国道58号線を下ること、約15分で岬八幡神社に着きます。

【踊りの説明】

岬八幡神社の秋季大祭で奉納された小平山公民館の皆さんによる「しらさぎ踊り」です。今回、10数年ぶりに復活させたといいます。団体で、動物を扱った踊りは大変珍しいものです。

踊りは男性だけで、浴衣姿にたすき掛けの衣装です。鳴り物は、黒を基調とし衣装になっています。全体で十五人で披露してくれました。踊り子十人、太鼓二人、小鼓一人、鉦二人です。

しらさぎ踊りは、日本各地にあるものかとネットで検索してみましたが、まったく、検索に出てこなく、種子島独自のものと分かりました。唄の歌詞から想像すると、しらさぎの普段の情景を踊ったものではと考えられます。写真一枚目は、しらさぎ踊りの本踊りです。対面での踊りで、左右交差するのが特徴です。

しらさぎ踊りの出端 写真は、しらさぎ踊りの出端です。三列縦隊で手踊りながらの入場です。
しらさぎ踊りの対面での本踊り しらさぎ踊りの本踊りです。二列縦隊で対面になって踊ります。このあと、交差します。
しらさぎ踊りの本踊り しらさぎ踊りの本踊りです。踊り子及び鳴り物ともに交差しながらの踊りです。後方は鳴り物です。鳴り物は、ほかの踊りで使われているものと共通のものです。
パッと飛び立つ踊り 本踊りが終了すると、対面になります。このあと、引端の短い踊りが始まります。しらさぎがパッと飛び立つイメージを踊ったものでしょう。
 

※ 2017年10月28日、南種子町島間向方神社の秋季大祭で小平山地域に伝承する「しらさぎ踊り」を島間小学校体育館で踊られたものを紹介しています。この動画に中には、しらさぎ踊りの入場、本踊り、退場を収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の郷土芸能:しらさぎ踊り向方神社秋季大祭での踊り小平山集落2017年

 

※ 2015年10月18日、南種子町島間向方神社の秋季大祭で、奉納された「しらさぎ踊り」を撮影したものです。この動画に中には、しらさぎ踊りの入場、本踊り、退場を収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の郷土芸能:しらさぎ踊り島間向方神社秋季大祭での奉納踊り2015年小平山地域

 

※ 2013年11月15日、南種子町島間岬八幡神社の秋季大祭で、奉納された「しらさぎ踊り」を撮影したものです。この動画に中には、しらさぎ踊りの入場、本踊り、退場を収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

種子島の郷土芸能:南種子町島間小平山地域に伝承するしらさぎ踊り

 
 
2015.10.21〜