シマサルスベリ

島百日紅

ミソハギ科

シマサルスベリは、種子島に自生しています。しかし、種子島でどのくらい自生しているかは分かりません。

少し湿っぽい場所に生えています。夏になると、白い花を多数咲かせてくれます。葉の鮮やかな緑色と白い花びらの調和が見事です。

晩秋のころのシマサルスベリです。特徴である木肌全体が赤茶色に染まり、表面はツルツルしています。しかし、樹皮がはがれ白くなっています。

シマサルスベリの花

夏に純白の花を密に咲かせます。また、鮮やかな新緑も見事です。

シマサルスベリの果実

花期が過ぎると、次第に果実をつけてきます。8月の中旬ごろは、直径7ミリくらいです。そして、果実の先端部は割れてきます。

シマサルスベリ
シマサルスベリの純白の花

シマサルスベリの花びらを写したものです。花びらは、縮れたように波打っているかのようです。純白の花びらがまぶしいです。


2014.10.10〜